MANA's ROOM~トップへ戻る
Total    Today    Yesterday   拍手メールサイトマップ
更新記録リンク掲示板日記
ときメモGS別館 アンジェ・遙時別館 ジブリ別館 ごちゃまぜ別館



せんせいルート
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



思ったよりもめんどくなかったですが……(白龍がやることをはっきり教えてくれたんで)
しかし、秘密の花園を三回も繰り返すとは思いませんでした
なんか私今頃気づいたのかって感じですが、せんせいって神子がせんせいを好きになる運命を覆すために時空を越えてるんですね。せんせいを好きになったら死ぬ運命になるから。あーなんか、銀エンドのときのせんせいは寂しいけど幸せだったんだろうなーと思いました。
そういえば知盛エンドのときに自分で「この神子より何もかもは捨てられなかったせんせいの方が」と言ってたんですが、これだったか!
神子の命を守りたいんだったら関わらなければいいし、神子と共にいたいだけだったら運命を気にしなければいいんだけど、そのどっちも徹底できない。そんなせんせいが大好きです。

とりあえず蜜月が満ちたので今から屋島に行ってきます。エンディングはもちろん、アクラム様の庭ですよね!(笑)
どうでもいいがだれかが「おとなうものもない」って言うたびにアクラムが頭の中で再生される……あの子ひねくれてるのに素直で好きだ。

再び開始
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



ちょこっと腹痛だの仕事だの創作だのでお休みしていましたが、再び開始しました。
ついに今まで我慢していたせんせい攻略!……のまえに気が向いたので「はじめから」を選んでみたら、なんか現代臣が出てきてびっくりしました!こんなとこに追加があったとは……!
神子が狼狽えてたり弱かったりするのもとても新鮮(笑)そうだよなあ、戦神子は大抵のことには驚かないもんな~……。あと宇治川のせんせいの台詞に創作意欲を刺激されました。そうか、時空を跳んでない神子はこの最初の一回しかいないんだ……。えーとこの台詞でせんせいお題のネタ決定。(メモ)「お前は光陰の理を越え、風霜を瞳に映すか?」「…あの、何のことだかさっぱり」「…そうか」

これでお題は九郎とせんせい、あと知盛がネタ完成です。知盛はどうせエロなのであれなんですけどね!(笑)
景時と弁慶はまったくネタ浮かばない、白龍と将臣もそうですがこの二人(でか入れて3人?)はどうとでも書ける人たちなのでどうにでもなるとして。
とりあえず書ける人から書くか……。

それにしても、せんせい攻略するの大変そうだなあ……。

お題(敦盛×神子)
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



とりあえずはらいたから逃れるためにお題を書いてみた(そんな理由)
あみだの神様に選ばれたお題二個目。(一個目はこっちに

→「恋愛小説が書きたいあなたに10のお題」
  06. 嫌い

あっつん好きだ!いじくりまわしたい。

こんなはずでは……
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



帰宅して、とりあえず昨日の重衡さんをもう一回観るかvと喜び勇んでゲーム開始。
福原でさっくり和議を成立させ、いざ大団円ルート。(さきに経正あにうえを見てからv)知盛選択。
……おや?こんな台詞あったっけ?
……あれ?屋敷に忍び込まない??

ギャーなんで森の中で知盛に会うんだよ!このくまさんめ!

あああああもしかして昨日のあれですか!あれが最後のフラグだったのですか!?
いやー!まだ昨日の録画してないのにーーー!!重衡と知盛が並んでるとこに侵入者としてお邪魔したあげくに知盛は席を外してしまい朝まで重衡と話すという夢のようなエンディングが!!!(EDでもないしルートとして間違っています)

というわけで失意の中知盛と会話。あーやっぱり知らないよねえ神子のこと……せんせいの苦悩が垣間見える……
そんでもってなんだか分からんが神子が戦う気満々です。あんた、和議どうするの?って知盛に言われてどうするんだよ!(笑)和議は知盛のためですか!
確かにあんだけ殺したらもうどうしようもなくなるが。
そんで戦い。あれっ……

神子負けたー!?

うそっなんでこんなに知盛強いの!?そりゃこっちの攻撃対象が一人だから回数は増えるけど、攻撃力は今までたいしたことなかったじゃん!ラスボスは強いものなのか!?
あああああ今気づいたけど属性が相剋だ!くそっムカつくー!!しかも知盛神子を殺さないしさ!!それはあれだよね、殺すほど執着してないって意味だよね!ぐあームカつくーーー!!

ということでさっくり闘争本能を刺激されたのでやりなおし。戦闘は戦うしかないので戦略性も何もないし、さっきもあと一回のとこでスカして負けたんで行けるだろう!と連打で突っ走る。

勝利!!(鼻息)

しかし戦闘が終わっても斬り合う両者。もうその辺にしておかんかね(笑)
どう決着がつくのか未だに分かりません。なんだ。どうなるんだ。褒め方はとても知盛らしいと思いますが(変態チック)。
なんだか戦いがあのときの舞みたいになってきた。神子「気持ちいい」とか言いそうだ。

そんでもってそのまま夜が明けましたよ。これはあれだ、もう生きてさえいればいいんじゃないんだ。今まで自分が見てきた運命分の想いを一夜で知盛に押し付けたいわけですね。自分に会うためだけに囮になって一人で待っていた運命や、熊野で何十回も一緒に戦って絆を深めた運命と同じくらい、知盛に執着してほしい。例えば和議が成らなくても、現代へ帰れなくても、他の人が犠牲になっても、他のことは知ったこっちゃないんですね。それが神子の愛情なんですね。

全く似た者同士だと思います(知盛と)

うわっなんか銀バッドエンド思い出した……やっぱり神子の心の暗黒がここに。
分かるんだけどね、現実はそうなんだけどね!!何よりも大切な人が死ぬ運命にあって、どうやってもハッピーエンドになる選択肢が出てこなかったら、何を賭してでもそりゃ阻止しますが!そーゆーのも格好いいのですが!

なんてゆーかなあ……すべてを投げ捨てて何かひとつを守るのは、そうでないのよりも簡単というか……本能に忠実なだけで、人として(神子として?)どういう意味があるかというか。
ああ思い出した、銀バッドエンドのときに表現方法思いついたんだった。この神子はきっと白龍には受け入れてもらえないと思います。八葉やら人間には許容されても白龍には無理だ。
このゲームが神子になって京を救うという始まりであって、その話に感情移入してきた以上、神子でなくなった神子にはちょっと感情移入できない。というか移入すると敗北感を感じる。
いや、何もかも捨てて好きな人を自分のものにしたという敗北感と罪悪感と幸せが三位一体になったシナリオも確かに良いことは良いのですが!あと感情的にアレなのは神子の方だけなので、知盛から考えたらかなり萌えなシナリオではあるのですが。
でも私はご都合主義ハッピーエンド信奉者なので、この神子よりはやっぱり何もかもは捨てられなかったせんせいの方が好きです……。

とか書いてたらなんだかまた「来いよ」とか言われてしまい申した。来いよ好きだね。ああやっと戦闘が終わった。知盛負けを認めたv
なんだなんだ、知盛あれか!自分が執着できる人間を探してたとかそういうの!?そんでその第一関門が剣の強さで、第二関門が心の強さというわけですか!めんどくさい男じゃのう……
そしてエンディング。

ギャアアアアなんじゃこらー!

え、エロ!?エロなの!?cero12取ってるんじゃないのか!(笑)
というか知盛が銀に見えた、外見じゃなくて言ってることが。この二人、対のようでいて、考えてることと言ってることが全く同じなような気がする。
ということはやっぱり違うのは神子の選択ということになるのか……。

なんか複雑なエンディングでした。
知盛エンディング後の創作はどうやっても書けないっぽい(笑)

あと泰衡さま
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



「受け取ってることは受け取ってる」に萌えました(隊長サイト)。
それ以前に紅葉の枝をおみやげに持って帰ってきてる神子にも萌えた(可愛すぎる)。

この後、それほど他意なしにとりあえず部屋に飾っておいたら数日後それが神子の気を惹いて意外なほど喜ばれてしまいまんざらでもない顔をしたら今度はそれが銀を煽ってしまい部屋の片づけをされたりするのですか。
そして不機嫌になったけど銀には不機嫌とは言えずいらいらして神子にあたってしまったりするのですか。
泰衡素直。

次は御館!楽しみにしてます。
御館はきっと神子とものすごく仲良しになれると思うのですがどうでしょう。
肩組んで酒宴もできそうだ(笑)将臣こみで!銀はちゃっかりお酌で!!

銀の手練手管をみたい
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



えー隊長のとこの殺人光線な銀ですが!
とりあえず乙女仕様で1に投票します(勝手に)。

ひそかに公認なとこが萌えた……というかもう神子に関しては、親よりも将臣の許可をもらえたらオッケーみたいなとこがあるような。日曜とかいちゃいちゃしてたら将臣が乱入してくるんだろうなー。嫌がらせ&神子心配で。
で銀はバカじゃないので、将臣を丁重に扱いつつ神子が「ま、将臣くん、今日は帰ってくれる?」と言わせるように仕向けるのではないかと。将臣の見てないとこでちゅーしまくるとか。昨夜の話をするとか(←?)。
犠牲になるのはいつも神子。対銀の神子って何故か乙女仕様で不自然ないんですよね。銀乙女ティックパワー(笑)

でも、いえ、せんせいより銀とかそういうことはありませぬよ!ありませぬとも!ただまだせんせいを攻略してないだけで!すっかり攻略してないことを忘れてたとかそういうことはないです!(笑)
ただ銀が書きやすくせんせいがかきにくいのは本当ですが。せんせい、創作書いてるとやっぱり泰明さんと混じるのです。声優さんはちゃんとキャラ分けてると思うんですが、なにぶん二人のイメージがあれなので。

とりあえずちーを攻略したらせんせいに行けるんですが、なにぶんちーのところでいろいろ見たことない事実が明らかになってきてるので楽しいです。大団円があんないいものとは知りませんでした。あにうえがあんなだとは知りませんでした(愛)。あにうえの話が書きたいよ。あにうえ×神子はむりか?むりね?

ねむい
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



半分寝ながら進めているわけですが。
平泉ルートはいるためにやり直すのはえらいめんどくせーので、和議の福原からそのまま攻めて知盛に会いに行きました。そしたらなんかイベントが。将臣と知盛が……戦……!
なんか知盛がわからんくなってきた。知盛エンディングってどうなんだ、というより、よく考えたら知盛エンディングは神子と戦わないままなんだよね多分。
戦わないで知盛とラブっても、それは今までの時空を知っている神子にしか意味がないのでは……??知盛的にどうなんですか?
それとも何度も愛する人(笑)を殺してきた神子が、「生きていてさえいてくれればそれでいい」ってことになるのかしら。それってせんせいかしら。

そのまま突き進むとなんだか見たことのないエンディングに行きました。えっここから帰るの!?こんなあっさりと!?ものすごい不完全燃焼……!
せんせいはやっぱり神子を帰すんですね。「おまえを帰すことが八葉にとって何より尊い」という台詞に含みを感じるのはうちの神子だけか。

もう眠くてわからんくなってきたんで寝ます。
というか本当に和議の重衡が……!苦労してない銀……!
あと経正!経正あにうえとあっつんの話をきゃっきゃ言いながらしてたらあっつんがどよーんとなってそこを二人でかいぐりまわしたい!!なんだかんだ言って兄バカの経正あにうえとグルになってあっつんの頬を染めたい。

ぎゃあああああああ
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



し……し……しろが……じゃなくて
重衡……!!!(もう知盛見えなくなった)(無理に意識を引き戻す)
そ、そうか!知盛、この運命では初対面なんだ!?
というかもうどうしてもこの重衡の、銀とは違ってるけどでも銀なラブ台詞にギャー!となりました(笑)いかんさっき書いた神子の話まじでそうだ。銀とはちがうのにやっぱり銀だ。知盛が出て行ってしまいましたがそれはもう桶(ゝ_∂)b というかんじで!
今はこの安寧に溺れていたいのです
うううだれかこのルートの重衡×神子を書いてはくれないものか……。

えーとりあえず知盛としてはだめそうですが、このまま進んでみてだめだったらまた考えます。

清盛
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



イイってば……!!

清盛×時子も大好きです。時子だけには弱いね。
あとすまん、話の中に重衡と言う名前が出てきただけで

時空を超えて銀を知っている神子と2章で十六夜の君に会ったことのある重衡のラブストーリーが走馬燈のように

「神子様」でない銀って……!大勢の道行きの中で目があっただけで分かって「あなたに会えるのをずっと……待っておりましたよ」と微笑む重衡はどうだ!そんで銀との違いに戸惑って、でも些細なことで「ああやっぱりこれはあのひとなんだ」と安心する神子はどうなんだ!

あと忠度。か……かっこいい……!!あああなんか、ネオロマなのにこんな誰ともくっつかない選択肢がこの上なく楽しいというのはシナリオの良さですね!
あと頼朝政子。なんだ……このラブに見せかけた腹のさぐり合いは……!?(笑)
そしてどことなく邪魔者な九郎と景時。いいね、仇同士にならない運命って……(涙)
あと白龍と朔。白龍の「自信を持って。あなたの願いは世界を変えてきた」にちょっと胸が痛みました、スマン。自分の好きに変えてきたと言った方が。なのにそんなことを言っていただけるとあなたの優しさに溺れ甘やかされるのはたまらなく心地がいいというかんじで困ります。
と思ったら神子も自戒しておりました。さすが考えられておる……
あとせんせい。(と譲)
せんせい……そういえばこの運命が終わったらどうするつもりだったんだい。神子が生きてればそれでいいの?自分の知らないところでいつ死ぬか分からないのに現代へ帰すのかな。ここはいっちょ、ここまでが義務でこれからが権利ということで神子にねだられ一緒に現代へ帰ってきていただきたい(戦神子でないエンドか)。

とりあえず一通り見たので知盛いてきます。
これでなんとかなるのか?

わぎわぎ
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



知盛ルートに入れてるかどうか分かりませんが、神子が戦わない未来がいいというので和議ルートへ。和議一回しか見たことなかったんですが

こんなに選択肢ありましたっけ?

おやっ経正とかあるじゃん!清盛もあるじゃん!最近平泉ルートばっかり見てたから福原事変で久々に見たら可愛いかったよ!
と思いつつ、どうせ神子のモノローグなんだろうなーと思って経正えらんでみたら

ああああああにうえーー!!

まさか本当に会えるとは思っていませんでした!!これって十六夜だけなの!?
あああああこの兄弟と平和裡にお話しできる日が来ようとは……!二人であっつんをからかえる日が 来 よ う と は!!(感涙)
ものすごく楽しい……!!しあわせー!もうこれは経正EDと言っても良いです!ごちそうさま!!

しかし敦盛、兄上が「会えてよかった」といってるのに「本当に青山(琵琶)を愛していらっしゃるのですね」という返しは何を狙ってるんだ。ネガるのもいい加減にしろ!そりゃ兄上も「おまえは何を言っているんだい」っていうよ!(この物言い大好き!)

これはなんですか、惟盛にも会えるんですか?清盛も!?
(やってみる)
こ……ここここ
惟盛もイイ……!!
この「今までずっと泥沼を抜ける機会を探していました」調はなんだ……!

えーこれなんですか。この選択肢を選んだまま最後まで行くと何か変わるの!?ここだけじゃなくて!?やってみてえーーー!!
(やってみた)(普通の大団円EDでした)(ガク)
調子に乗って他の人も選んでみます。


アーカイブ
検索
OTHERS
  • 処理時間 0.639995秒
管理者用
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS: