MANA's ROOM~トップへ戻る
Total    Today    Yesterday   拍手メールサイトマップ
更新記録リンク掲示板日記
ときメモGS別館 アンジェ・遙時別館 ジブリ別館 ごちゃまぜ別館



逆検終わりました(ネタバレ)
 
ああああ結局土日で終わらせちゃった……手が~。
とりあえず色々あったんですが、結論としてはけっこうおもしろかったです。
クライマックスに向けての盛り上がりはよかった!奥の手を出しても出しても反撃してくる強い敵で楽しめました。二回や三回であっさり認める敵はつまらんよなあ!!!

まあ難易度というか考えるようなところはなく、そういう意味では今回のシステム「ロジック」は単にミツルギが考えるところをプレーヤーも参加してると思わせる、という目的でしかなかったぽいんですが。「つきつける」も迷うとこは全然ないです。怪しいと思ったとこにそのまんまつきつけるだけ。もうサウンドノベルでいいじゃん、みたいなw
自分で動いて探すというシステムも、別に今までの画面内捜査と変わらず、操作性が悪いこともなかったけど、調べるネタが終わった所は「ここはもう調べたな」とか出るのがなんか興ざめで……どこまで難易度下げる気だよ、と……
でもそのせいでつまるようなこともなく、スムーズに最後まで行けました。ボリューム少ないわけじゃないと思うけど、プレイ時間は少ないと思う。

てか、終わっても第一章のお粗末さがいまいち理解できないんだけどwなんであの章だけあんなペラいんだ?ww
血文字はファイルを入れ替えると別の名前になるんじゃ?とか、ナントカ検事は別れを惜しむとか言いつつ偽装工作してるんじゃ?とか色々考えたのですが、そんなことは全然なく。単にビデオ出させるためだけの章だったのでしょうか。

あととりあえず、ゲーム中実際に叫んだこれだけは明記しておきます。

おこちゃまめいたん!13歳めいたんーーー!!
容姿も性格も背も可愛すぎました。あの章はめいたんとそれをいじるミツルギがメインなんだな、と認識しました。ちょっと意地悪いけど妹を可愛く思っててあしらうお兄さんにあしらわれる妹、かわゆすぎる。

他にも逆裁の脇役やら脇ストーリーがガンガン出てきて楽しかった。おばちゃんや矢張はまあ予想されたとして、ホテルバンドーの支配人(?)とかアウチ検事とかトノサマンの監督とか多数出演。楽しい。
あ、でも、4に引き続きアカネの扱いがひどかった。あの子、そんなに脇役扱いされてるのかな……甦るの5話は公式にはなかったことになっているのか?
甦るの5話みたいなカガク捜査があるかなと期待したんですがやはりなかったです。残念。
あとラスト、絶体絶命の場面で

ナルホドに頼るミツルギ超もえたwww

かわいいこです、相変わらず。

結論として、やっぱりシステム・内容とも逆裁1~3の方が好きだけど、期待したよりははるかに面白かったです。スピンオフとしては頑張ってるんじゃないかな。
あと操作性は全般に良かった、けどセーブの時間が長いのは減点でした。セーブ箇所一個しかないのでそんなに使わないけど、それにしても長い。
タッチペンなしでゲームできるのは非常に評価できます。私はタッチペン嫌いなので、今までも基本ボタン・証拠品拡大画面とかは爪で操作というテでタッチペン使わずに来たけど、今回はXYにボタン割り当てされました。
あれ、今までもそうだったんかな?気づかなかったけど。

是非2も出してほしい作品ですね。
しかし逆裁シリーズって、新作でると絶対1~3をやり直したくなりますね。まあ4の時は、1~3と同じに期待しすぎたせいでガッカリして戻った、というのはありますがw
後日冷静になって考えると、4もストーリーはそんな面白くないってほどでもなかったと思う。でも自分的には難易度があそこまで違っているとは思わずにやったので、もうとにかく分かり切っているトリックを矢のようにアドバイスされるのがうざすぎでゲンナリしました。
今1~3ってGBA版しか持ってないんだけど、DS版買おうと思いましたね、これやってて。

耐えきれずプレイ(逆検ネタバレ)
 
とりあえず第一章はホラ、アタリつけるだけじゃん!と自分に言い訳をしつつ第一章だけやってみました。おかげで今日手首がひどいです。
まあそれはおいといて(いやいや)、逆検一章の印象は……

ペラいwww

ちょっと笑ったwこれはwww
まあシステム説明から入らなければならないので、単純化や説明の多さは仕方ないですが、しかし逆裁1第一章に比べてもえっらいペラいです。
なにがペラいって、謎が全然謎じゃないw単純wミツルギともあろう人がこんなん分かったくらいでえばれるかよ!むしろ分からなかったことに驚くよ!

逆裁1第一章でもちゃんと仕組まれていた、ああ、ここか!これか!という驚きがまったくありませんでしたなー。とにもかくにも前フリはちゃんと推理で消化しようぜ!ドアが開いてた&閉まってた件とか、犯人に全然言ってないじゃん。
あとこの状況で一番怪しいのは、マスターキー云々よりいつでも合い鍵を作れたミツルギだと思うのですが……そんな奴が推理して結論出していいのだろうか。何故そこ追求しない?>犯人>名前すでに忘れた

うん、難易度やら攻略イメージが逆裁1~3準拠なのか逆裁4準拠なのか気になってたけど、後者のようです。二章から後はいまのとこ分からんけど。
まあ別に逆検は内容の秀逸さを期待するゲームではないのでいいんですが、それにしてもこれは。スピンオフとはいえこれは。

システム的には、画面がフラッシュしすぎて気持ち悪い(生理的に)。目が痛い。逆裁でもこんなになんでもないとこでフラッシュしまくってたっけ?
ちょっとフラッシュ&画面揺らしをやりすぎなのではないかと思いますが……。

あ、ミツルギは楽しかったです。わざと間違えてガーン!ってなるのが楽しかったです。でもやはり法廷の机にひれ伏させたい。
まこたんは相変わらず可愛かったです。

逆検の発売が近い
 
ので、久しぶりに公式を訪れてみました。
全然シナリオとかチェックする気ないんだけど、まあキャラクターくらい見と

めいたん!!まこたーん!!!!

メイたんは出るかもーと思ってましたが(期待してなかった)、まこたん!まこたんがーーー!
イトノコ刑事との微妙なロマンスはほんとやきもきしたものです。あとリアルの逆裁お友達な某友人がまこたんそっくりなので(容姿・勢いともに)、どうしてもまこたんに目がいきます。
自分ではまったく似てないと言っていましたがそっくりだよ。この世界wの人じゃないのにメイド服を着たりする妙な方……。

俄然楽しみになってきました!めいたんまこたんを楽しみにします。
スピンオフなのでゲームとしての面白さはほぼ期待していません、が、ちょっと期待値が増してきた。少なくとも4よりは楽しいかもw

徹夜した
 
※こちらは「逆転裁判1/2/3/甦る」プレイ記です。ネタバレ注意。



徹夜して終わらせましたよ!謎解きもちゃんと作られてて、いい事件(?)でした!特に最後の現場写真が出てきた時、血の跡がない布きれに対する「あーーー!これかーーー!!!」にはハッとするものがありました。こういう点が線で繋がる瞬間が好きだ。
なんか、裁判始めた頃は尋問開始の下ウインドウの視線横スクロールが「行くぞ御剣!」「かかってこい成歩堂!」みたいに見えてたのに、最後の方では「行くぞ成歩堂!」「任しとけ御剣!」みたいに見えてきて困ったものです。
御剣ねじ伏せるのも好きだが、協力プレイも好きだなー。

そして怒濤のように戦いは終わり、エンディングがもう泣けた。巴姉妹の話もそうなんだけど、御剣がよー。大ダメージ食らっててよー。一人で戦うには武器が必要、だから自分も同じことをするかもしれない、とか言ってるからもうアンタは人の話を聞いてないのかと!ガントの話も聞いてないのかと!言ってたじゃん、なるほどーと御剣の二人がいればって!
もうこの子は一人で思い詰めるから大変です。なるほどー言ってやれ言ってやれ!と思ってたらなんか殺し文句みたいな台詞が出てどうしようというかんじ(笑)

いやでも泣けた。御剣、このあと旅に出るんだねー。ここまで言ってここまで念を押しといて、その上で「死を選ぶ」って書き置きだけで相談もなくいなくなったら、そりゃなるほどーも怒るわ。うム。
「死を選ぶ」ってことは、辞めますってことだからね。考えますってことじゃないからね。もうあのおバカさんは!なるほどーに対してはひたすら甘えてるんだから困ったものですよ!

そんな感じで、いいシナリオでした。犯人がしぶとくてやりがいがあった。やっぱりこのくらい駄々こねてくれないとねじ伏せる楽しみがないね!
これで終わりなんだけど、返却期限までに間があるんで、このままDS版2に行くか、もしくは1の最初からやり直そうと思います。御剣を。

とりあえず今日は寝る……というか今寝たら起きられないだろうか……

いじめられっ子の席が
 
※こちらは「逆転裁判1/2/3/甦る」プレイ記です。ネタバレ注意。



右側に移りましたw
あ、チョーさんから見て右側ねw
なんか見えてきましたね。事件に関係するかはともかく、警察局トップから検察局内まで、ほぼ全部が御剣の敵のようですよ。巧妙に罠が仕掛けられておる。
まぁ、濡れ衣ならなるほどーが突破してやるからいいんだけど、それにしても

自分以外の奴が御剣を追い詰めるとストレスたまるー!

見ているしかできないのが非常にはがゆいです。御剣を叩きのめすのは俺だ!キサマみたいな腹黒そうなお偉いさんに任すわけにはいかないのさー!!

しかし孤立無援で戦う御剣も楽しいです。
二日目突入~。

甦る逆転プレイ開始
 
※こちらは「逆転裁判1/2/3/甦る」プレイ記です。ネタバレ注意。



お知り合いさんからDSごと甦る逆転を借りたんで始めました。

これって実際に「異議あり!」ってできるんだね!楽しみー!(笑)
あと御剣に会えるのも楽しみです。というかこの赤い車、どうみても御剣の車ではないのか……?
笑えそうな気がするんで、検事室に行くぜー!

はい、やっぱりみつるぎでした!(笑)相変わらずブッチョー面してますね!(笑)
しかしなんじゃこの部屋!カラーリングがビミョウだ!というか何、このトノサマンフィギュア……???御剣の趣味!?
ああ、おばちゃんの貢ぎ物でしたか。しかしそれを律儀に飾るところが御剣なのか?なんか部屋を調べると下僕共の顔が浮かぶのがおかしい……
御剣は紅茶派。しかもロイヤルミルクティ飲むらしい。チェスもやるらしい(配置が子供のようだ)。メモメモ。

あははははは!「検事・オブ・ザ・イヤー。……悪いかッ!!」「うるさいッ!私がデザインしたワケではないのだッ!」だって!!
嫌そう~!こんな嫌そうな御剣の顔見るの久しぶり!楽しい!
しかしなんで御剣はこんな卑屈なのかしら?笑うがいい、とか言いそうだ。
ナマイキなコイツを叩きのめすのが一番楽しいのに、初めからいじけてると楽しくないじゃない(´・ω・`)
……ああ、なるほど。普段の所業のおかげで検事局内で疑われてるのか。さもありなん。
しかし担当検事が御剣っていうのは嬉しいな~また法廷で叩きのめせるのね~。

とりあえずさくさく行くか……先は長いらしいし。
タイムリミットは12/27ですw

関係ないけど
 
※こちらは「逆転裁判1/2/3/甦る」プレイ記です。ネタバレ注意。



逆裁の弊害:

  • コーヒーにミルクと砂糖を入れるとき
     「俺なんか、この甘く濁ったカフェオレを飲んでいればいいんだ」
     と悲観してしまう

  • 困ったことが起きたとき
     「そのようなアレは、困る」
     という言葉が真っ先に頭に浮かぶ

  • 仕事をやってるとき、手が動くよりも先に
     「これをやらなければならないということは…こっちが関わってくるから…」
     と考え込み、仕事を完了する筋道を模索しまう

  • 御剣がそこにいるだけで笑えてしかたない
    (夢の中でもゲラゲラ笑ってました)

勢い余って御剣コンテンツでも作るかのような笑いです。いや作らんけど。

3総評
 
※こちらは「逆転裁判1/2/3/甦る」プレイ記です。ネタバレ注意。



一晩寝たら夢に見るほど最終法廷が納得いかないMANAです(笑)

いや、昨日は終わったばかりで何がここまで「……。」なのかわからなかったんですが。一晩寝たら思いつきました。
あの事件の捜査って、推理の入る隙がないんですよねえ……。そりゃ細かいことは推理で解き明かすんですが、一番重要なことが探偵パート/証拠品ではカケラも出てこない。
つまり、奥の院に隠れるところがあったということです。あとそこまで重要でもないけど離れもあったってことかな。
物置があるとか、そういうのが今まで一瞬でも出てきてれば、事実が顔を出した時に「そうか!あれか!」と言えたのでしょうが、それがないまま推理を進めてたプレイヤーは完全に置き去り。
「奥の院には隠れるところはない」という前提で考えてたのが、一気にどんでんですよ。それまでの考え役立たずー、って感じに。たとえ「発想を逆転」つっても、隠れるところはあったんだ!っていう根拠が全くないので無理。

それはたとえて言うならば、「なるほどーは明日の法廷に出られない。でも明後日に繋げなければならない。その方法を推理しろ!」って課題に対して、手持ちの情報でさんざん考えて答えを出したら、結局その真相が「御剣が検事局に手を回して裁判官も検事もごまかして出廷しまーす」だったというようなもので。
推理なしで出されたら「あはははは!ありえねー!」で終わることを、こうなったら「なんやそれ!そんなんありか!!推理できるわけねー!」って裏拳入りますよ。そりゃそうですよ。

今までの推理が前提から覆るような最重要事項のそれが、証言でいきなり出てきた(そしてそれを推理する材料はなかった)というのが、この気持ち悪さの一番の原因だと思います。
あとそこへとどめとして「君を信じてました」話が来て、一気にグダーっと。ただおまえの信念を立証するためにこんな推理ともつかん事件をやらないかんかったんか!という感じで。ヘナっと。

私はこのゲーム、ちりばめられた証拠品から明らかになってくる点を線で結ぶのが楽しいと思っているので(あと御剣と)、そういう面ではこの最終法廷はあんまり楽しくなかったですね。重要なところがサウンドノベルでしたね。
せっかく昔の話とかゴドーの話とかは面白かったんで、少なくてもちゃんと情報がちりばめられていれば文句なく楽しかったと思います。

っていうかもしかして、物置の話が出てくる前の時点でゴドーだと気づかないといけなかったのだろうか。先の裁判、エプロンの話題で目が見えにくいのかとは思ってたけど、今回「きっとどっかに隠れる場所あるんだ!」という逆転の発想をすべきだったのか?
でもなあ、物置に隠れてた以外にも、この話ムリが多すぎるんだよなあ……他の事件に比べて。燃えてる橋の下から死体を飛ばすとか、命が危ないような洞穴にずっといましたとか、被害者が最初から計画を分かってましたとか。分かってるなら伝えてやれよ、娘によ。あと春美を押さえとけよ。

ということで、最終法廷以外は面白かったと思いますが、私はここで躓きました。これがシリーズの締めくくり?だと思うと残念です~。

ありえなさすぎ
 
※こちらは「逆転裁判1/2/3/甦る」プレイ記です。ネタバレ注意。



ありえねえええええ

事件の真相が知れるにつれ、もう、何がなんだか!何がどうだか!
真犯人ゴドーってありえねえええええ_| ̄|○
いや、事件としてはそうだったんでしょうよ。最初からそういうつもりでって犯人が言うんだからそうなんでしょうよ!
でもシナリオとしてはありえないよ!!!そんな決着の付け方がありますか!どういうことですか!こじつけすぎじゃないですか!今までまじめに調べて推理してたプレイヤー(御剣含む)はどうしたらいいんですか!!

なんかもう、次々と明かされる事実……いや、ゴドーの話は泣きましたけどね。なるほどーに恨みを晴らしに来たんじゃないとは思ってたし、千尋のために決着つけたかったんだろうし。彼の心情には同調して余りあるものがあります。泣けます。カッコイイ。
でも、付き合ってたのはちなみじゃなくてあやめだったとか、実は私も好きだったんですーとか、あなたはやっぱり僕の信じていたとおりの人でした、有罪判決を受けてからも信じてましたとか。
正直に言うと

ウゼエ(=_=)

いや、私、どんなに陳腐でもハッピーエンドが好きなはずなんですけどね。普段は。
でもこれはちょっと無理でしたアハー。なんつーかもう、この話全部が

「なるほどーがちなみ(あやめ)を信じてたのは正しかった」ことを立証するためだけの事件かよ!!!

みたいな。イメージが拭えず。
その話の時点でもうヘナヘナしてしまい。いやー泣けるんだけどね、いやー悲惨な事件だったんだけどね、いやーみんな大変だったんだろうけどね?という感じで終わってしまいました。
そんでヘナヘナしきって控え室に戻ってきた私に↓

「よくやったな……」

「待っているぞ……」

みつるぎ━━━━━(TロT)━━━━━!!!!

なんとかそこに救われたという感じです。最後の最後で。

しかしイトノコ刑事、結局マコとくっついたんですな。(はみちゃんは……?)
あと矢張の似顔絵めっさ似てるううう!御剣のおせじじゃなかったのか!すげー!
あとメイがデレで可愛かったです。

これ、3でシリーズ終わりなんですかね。それっぽいけど。
結局今回、最初の事件からずーっと掘り起こしてきたわけですが、やっぱりなんつーか……こじつけ臭がしたね。シナリオ的に。もしこれを1の時から組み立てていたのであれば、ちょっと捻りすぎでは?という。
まあ、このゲームは謎を明かす過程が楽しいんで、シナリオはそのようなアレでも大丈夫っちゃー大丈夫なんですが……。

うううん。とりあえず各ソフトの個人的な真骨頂、1は「システムの確立」と「御剣をねじふせる楽しさ」、2は「メイ関連の話」と「弁護士と検事という違う立場で目的を共有する楽しさ」、3は「プレイヤー御剣」と「弁護士という同じ立場で目的を共有する楽しさ」と「ゴドー関連の話」……ということになるのかな?総合評価として。
つうか全部御剣やんか(笑)

うー、逆裁1がやりたい……。早く帰ってこい(現在知人に布教中)!

みつるぎー
 
※こちらは「逆転裁判1/2/3/甦る」プレイ記です。ネタバレ注意。



だいたい予想通りに話が進んでます。んが、春美ちゃんだけはまったく予想してなかった……たしかに春美ちゃんの行動を考えたらまさかとは思ったけど、あの子がマヨイに悪いことするわけないと思ってた……まさに知らないのは罪。罪って言うか……めっちゃ哀しい……_| ̄|○
ゴドーの言葉が胸に突き刺さります。まあ、千尋とマヨイの件はなるほどーのせいじゃないんで、それは気にしてないけどね。そもそもゴドーはなるほどーに恨みを晴らしに来たような気はしないし。どちらかというと結果的に助けに……じゃないんかな。千尋の無念を晴らしに、とか。
なるほどーひとりでは綾里家の謎は解けないと踏んだのではないですか。自分も毒盛られたんだしね。

というかもう、春美ちゃんが哀しくてねえ。この無邪気にぴょんぴょん飛び跳ねてるのを前にして、時間ないのにしばし落ち込みました、なるほどー@私。
しかし先にちなみを霊媒したのは……マヨイ……しか考えられないよなあ。ということは、マヨイは霊媒して母親を殺して、奥の院に戻った……?
ここにきてマヨイは真犯人になってしまうのか。そうでないと説明がつかないよなー。まさか霊媒してる時の殺人は心神喪失にあたるので罪じゃないとかそういうので逃げはしないよね。

なんだかこの話、「初めは分からなかった謎が次々と明るみに出てくる!」という感じでなくて、「最初に事件があってそれは実はこうでした風に後付け」したような感じがします。
今までの事件は、終わってからもう一回やると「ああそうか!ここでか!」ってなるだろう話が大半だったんですが、これは最初からやっても「ええ……?ここでそうなの?」ってなると思う。こじつけっぽい説明が多すぎるというか。

まあ、事件を解き明かすのが目的じゃないのかもね。1~3までのフィナーレとして、エピローグ的なシナリオなのかも。補足というか。集大成というか。
しかし、これがラストなのはなんか納得いかんなぁ……まだ最後までやってないからわからんけど……

とりあえずメイと御剣がかわいいんで内容はどうでもいいですが!
メイ可愛いよね~コイツも可愛いツンデレだよね~あと全然関係ないDVDみてて「みつるさん」というテロップを「みつるぎ」と見間違えた時、ヤバイと思いました。
あと同人誌をついに買ってしまって負けというかんじです


アーカイブ
検索
OTHERS
  • 処理時間 0.959028秒
管理者用
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS: