MANA's ROOM~トップへ戻る
Total    Today    Yesterday   拍手メールサイトマップ
更新記録リンク掲示板日記
ときメモGS別館 アンジェ・遙時別館 ジブリ別館 ごちゃまぜ別館



ぎゃあああああ!!
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



ようやく福原事変まで来て(やりなおし3章からでよかったねテヘッ)ようやく重衡様に会えたー!と喜んでいたらあなた!!

戦いの陣に重衡様がいらっさる不思議

つうか、あの、「銀」になってるのはなぜだ!その服どこから持ってきた!なんで「神子様」で敬語なんだ!(笑)
なんだかもうとりあえず戦闘にだけ出してみた!という適当具合が笑けました。まあ別に良いんだけどさ。

とりあえず十六夜イベント録画の旅に行くか……。

朝5時に
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



寝ようとしたのにふと思いついて十六夜を始める罠。
いや、遙か3続編の話を聞いたら和議のとこを見返したくなって……

で、どうせなら重衡の話を聞こうvとばかりに選んだんですが、どうにも知盛の条件が揃ってしまってなかなか聞けない。あいつ絆イベントや十六夜イベントないもんな、一度経験したらOKなものばっかりだ。どうやって条件満たさない状態に持って行けるんだろう。
しばし悩んだ挙げ句、めんどくさくなってえらい昔のデータをロード。そしたら……

知盛と臣が……!?

そ、そうか!銀も出てきてないデータだこれ!
あーでも臣の知盛への信頼(?)が垣間見えていいかんじ……!やっぱりこの二人のツーショットは好きだ。だから熊野三人放浪記も好きなんだろうなー。

堪能した後、銀データで時空を遡る。
でもだめだ、そういえば銀が出てきてたら5章が福原事変じゃない……!2章からやり直し!?めんどくせー!
仕方ないのでめんどくさいついでに5章壇ノ浦で知盛ルートを外しとこうとロードして、選択肢で「戦いたくない」を選んでみた。
そしたらあっつんが気弱神子をかばってくれた……!(感涙)「おまえで俺を満足させられるのか」とかエロくさいことを言われつつ「お覚悟を」言い切ったあっつん格好良かった。なんか知盛との話で絡んでくるのはいつもあっつんだなー。

で、「だめ、敦盛さん、私も戦います」と神子が言ったらあの駄犬はまたアレですよ。
「うらやましいことだ……俺にもその愛情を少しは分けてくれよ。俺のためにいい声で鳴いてもらおうか
こ、このエロ駄犬……!!ここまでいわれたらあっつんとのラブを見せつけたい気分になるのは私だけですか(笑)

そんでさくっと倒してルートはずれたのを確認して、ついでに頼朝が景時を「これは最初から私の犬だ、犬は主人以外の誰にも従わぬ」とか言うのを聞いてむっかーとしつつさくっと逃げました。
なんかあれだね、頼朝と政子は仇キャラの鑑だと思いますよ。出てきただけで腹が立つもん。特に政子、iPodで聞いてて声が出てきただけでもう腹が立つー!うがー!

まあでも頼朝が九郎を処断しようとしたのは正しい判断だと思うんですけどね(あくまで頼朝の立場的に)。この期に及んで「本当に俺に叛意があるとお考えなのですか」とか広言する九郎は好きだけどだめだめだと思った。おまえが今それを言ったら処断しようとした意味ねえだろ!と。
九郎は力もあって信頼もできる武将ですが、当然それだけでは組織は動かなかったわけで、今まで汚れつつ動かしてきた頼朝としては「汚れなき役」をやってた九郎をこれ以上野放しにしとくわけにはいかなかったんだろうなと。
苦労があっても汚れずまっすぐに育ってきたのは彼の強さだとは思いますが、汚れない彼は自らの意図とは別に、他の者に崇拝されたり利用されたりするんだろうなーと。
誰もが銀みたいに「崇拝するあの方が崇拝している方なら、私も同じように」と考えてくれりゃいいんですけどね。そんな人間は滅多にいない、というか、銀だっていざというときにはそんなこと考えないだろうし。

なので頼朝が九郎を処断するのは当然誰でも予測できると思うんですが、当の本人が青天の霹靂みたいな顔をしてるのでため息ものですな。おまえは子供か!みたいな……。
まあ君はそれでいいのかもしれない、そんな君だからこそ弁慶やみんながついてくるんだよ。八葉抄で天然な神子がみんなを振り回して、弱いくせにいつのまにかみんなを守っているように、君のその天然さが君自身と皆を守っているのさ!

そんなことを改めて思いつつ、2章に戻ります……4章分もやりなおさないかんのか……重衡様に会う道程は長い。

こんなとこまで
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



見てらっしゃるかたが(笑)

えーと泰衡様平手打たれは、銀がざざーっと落ちていって泰が「最後までただの人形だったな」と言った直後です。
ビデオで見たらフラッシュまでついてましたので間違いなくはたかれたと思います、「侮辱しないで、あの人は人形なんかじゃない!」と叫びつつ。いやもしかしたら手をはたきのけたのかもしれんが……あれは平手だろう。

平手打ちされても泰衡っっ!!と絶叫されても平静を装う彼が好き。「自分の守るもののためならばこんなことくらいなんでもない」と思っているだろうと見透かせるその甘さが好きだー!

気がついたこと
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



別にプレイ記ではないんですが今日気づいたこと。

iPodであっつんのイベントを聞いててふと思ったんですが、熊野の絆イベントのとこで、あっつんが怨霊の力が発現してきて苦しんでるとこに神子が来ますよね。で龍神の力を借りて鎮めるとき、

「龍神、お願い!力を貸して!(うろ覚え)」→白龍の鈴の音→あっつんの苦しむ声→鎖の音→黒龍の鈴の音→「乾きが消えた……」

となるんですよね。
つーことはもしかして、怨霊は黒龍の逆鱗から生み出したものでそれを鎮めるのが鎖だから、鎖に黒龍の神気があるとかいうことなんでしょうか。
音だけで神子の台詞とか見られないんで違うかもしれませんが、こんな序盤から黒龍もがんばってくれてるんだなーと思いました。
それにしても黒龍と白龍の鈴の音は聞き分けにくい。並べたら違う音なんだけど、イメージが同じ感じなので……八葉抄の時も最初同じ音だと思ってましたよ。

他にも音だけイヤホンで聞いてると、イベントでは聞き逃してたところが聞こえて楽しいです。ゲームやってるときは、あんまり音量上げてないのと台詞をよく聞くためにSE音量を下げてるので聞こえにくいんですが。神子が泰衡様に思っくそ平手打ちしてたとかも後から気づきました(笑)
それにしても泰衡様は隙が多いなあ……アクラムよりはましですが……

妹のベンバトン(任意バトン)
 



遥か関係ないけど、バトン繋がりでここへ投下。ベンを選ぶと思ったよ!(笑)
ちなみに私のワンピキャラ順位は、ミホーク≒シャンクス>ベン≒ペルです。茨道。


Q1、本棚・PCに入っているベン・ベックマン

PCにはないですが、本棚にアンソロジーコミックが数十冊(笑)大コミックなので場所取るし「もう買うのやめよう…」といつも思うのですが、ベン×シャンが入ってるとつい(ていうかほぼ間違いなく)買ってしまいます…。だって、海賊でシブいオッサンで目つき悪くてお子様な船長とラヴですよ!?あぁ~もっと本コミックでの無精ひげベンが見たいよ~!

Q2、今妄想しているベン・ベックマン

常にシャンクスとラヴで!シャンクスが海軍との戦闘で負傷、捕獲され(飛び出して行くから~)ベンが海軍基地に単身乗り込んで(姫抱っこで)助け出す(下っ端海兵は睨まれただけで動けず)。本船に戻って本気で怒る&泣きそうに!その後は傷舐め合いながら仲直りv

Q3、最初に出会ったベン・ベックマン

あれはまだルフィが子供の頃だった(近所のオバちゃんか?)…ルフィの人生に大きく影響した赤髪のシャンクス。その傍にいつも控えている副長ベン・ベックマン。銃もサーベルも自由自在で、彼の使命は唯一片腕を失くしたシャンクスを護る事だけ…。なんてシブいオッサンなんだ!ワンピースは脇キャラのオッサンがすごく格好良いよね!ミホークもスモーカー大佐もペルもエースもスキ!

Q4、特別な思い入れのあるベン・ベックマン

……あの人は殆ど喋らないのですよ…態度で魅せるというか。でも久々に本コミックに出てきた無精ヒゲ&白髪(混じり?)のベンは「うわっっっ!!」と言いました。いいなぁ~シャンクス、ずっと一緒に居られて…。

Q5、次にバトンを回す人

いつもながら孤独なのでパスです。

銀バトン(任意バトン)
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



隊長からもらった任意バトン投下。

Q1:本棚・PCの中に入っている銀

本棚の中にはさすがにないです、ガイドブックとか攻略本もないですし。あ、ゲームの説明書なら(笑)
PCの中には色々色々たいちょーのとか(ニヤリ)あとゲームから録画したイベントビデオが何ギガも待機してます。創作書くのにもモエにもとても便利v


Q2:今妄想している銀

平家と一緒に五人ぐらし(本気か)。
あっつん+経正兄上と暮らすことにした神子のもとに、そうはさせじとおしかけるチモリと銀。
平泉に行ってない重衡は別人格なので、ちゃんと銀としての運命を経た状態でなおかつ和議後という豪華仕様。
おそらく
神子→経正兄上に懐いていく→チモリがあからさまに、銀がさりげなく邪魔をする→二人が争うのをあにうえが止める→その隙に神子はひっそり一人でいたあっつんとラブ(基本的にあっつん話ですから)

お い し す ぎ る


Q3:最初に出会った銀

「人の姿を取って降りたのですか?」の時はまだ銀っぽくなかったから、出逢いは「どうぞ、こちらへ」だったと。
スチル的に「若頭…!?」と思ったのは内緒です。初見で「こいつ絶対奴じゃない」と思た、無理だよこれは!


Q4:特別な思い入れのある銀

もちろん「泰衡っっっ!」ですよ!!!!!
ごめんもう、あの瞬間の三者三様の心理状態がものすごいヒットした。泣けた。どんなラブ台詞よりこの決断が銀の真骨頂だと思いました。ただの駄犬じゃないよ!(笑)


Q5:バトンを回す人 「銀」の部分をそれぞれカッコの中の言葉に置き換えてどうぞ

えーとりあえず妹に?
「友雅」「ピーターパン(ハウス名作劇場)」「ベン(副長)」のどれかでどうぞ(笑)

お題(泰衡×神子)?
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



はたして泰衡×神子になっているかが疑問ですがお題三個目。ごめん、思いついたんでチビ白龍のお題横取りした。

→「恋愛小説が書きたいあなたに10のお題」
  07. 好き

続きもかけそうだなあ……泰衡が書きにくいのをなんとかすれば……。

おまけ
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



というかなんというか。
「せんせいのいうことを聞いて自分の世界に帰ろう」がバッドエンドだと思っていたら、上には上がありました。
こ、この戦神子が!!
神子はそれでもいいとして、せんせいがあまりに可哀想すぎるよ!(「私のためだけに京に攻め入ると?」はちょっと萌えたが……)
でもまあ「なぜ帰らなかった」とか言われてもそれはせんせいのせいであって勿論せんせいは間違っていたんですよ。と言いたいですわ。
えーここでせんせいが神子をぶった切って正常に戻すか、それとも運命を変えるために時空跳躍していって(つまり捨てられて)二度と戻らないというエンドを期待したわけですが。が。
その先がアンタまた吃驚ですよ。せんせいの選択が驚き桃の木ですよ!

え、止めないの?

あんたまで一緒に戦ってどうすんじゃーー!!??あああああの!二章のせんせいだったら止めたんじゃないんですか!?せんせい、神子に囚われてる!怖い!怖い!!

ということでこれが遙か3の中で一番怖いエンドでございました。ぞっとした。こんなせんせい見たくない。こんなせんせいはせんせいじゃない。
他キャラみたいに「恋が実らない」とかそういうレベルのバッドエンドじゃないね、銀とせんせいはある意味特別シナリオでございます。あああ最後まで心臓に悪かった……。

あああああああもう
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



このうじ男をどうにかしろーーー!!

もうなんですか。なんなんですか!あなた、後ろ向きもいい加減にしなさいよ!(説教)
たかが鬼として追われるくらいでせんせいを離す気など、この神子には毛頭ありません!自分の死すら見てきた神子ですよ!そこから更に先へ進んだ神子ですよ!?
もうなんか私には記憶が残るとか幸せな追憶がとか、もの哀しいを通り越して腹が立ってくるようなことを延々言われてしまいムキー!となり、そしてまた神子放擲され。逃がすもんか!
で、えーと、花園で会ったせんせいがものすごい驚いてるのにこっちこそ驚きました(笑)あんなんで神子が引き下がると思っていたとしたらとんだ甘ちゃんでございます。こちとら先へ進む力を持った白龍の神子ですぜ!(啖呵)
あと「選びなおすことは?」「ありません」に萌えた……。神子かっこいい。せんせいルートの神子はいつも格好良くならざるをえませんな、せんせいがうじ男だから。

そしてエンディング。
みみみみみ神子が……可愛すぎ……!
いかんこのスチルの神子が一番可愛いかもしれん、好きだ!神子!
それにしても通常エンドで「永遠に繰り返す苦悩」だったのが、こっちの語りを聞いてそういえば「永遠に繰り返す至福」でもあったんだなーと。なんだかエンディングのせんせいは通常ルートより十六夜の方が幸せそうです。
あと十六夜のせんせいはなぜか頻繁にアクラムを思い出させます。安寧の地が世の果てなのも同じっぽい、やはり鬼はそういう位置づけなのかしら。後ろ向きなところは泰明さんを思い出させる。

で、これで全員攻略が終わったんで「そういえばおまけの表情集、神子のとこの99ってなんなんだろ?全員攻略終わったら出てきてるかな?」と思いついて見に行ったら……
ギャー!黒龍ーーーー!(外見大好き)(どうでもいいが黒龍の性格と外見って泰衡に似ていないか)
ああああオヤジもいる!藤原たんかい(漢字忘れた)!御館もいるではないですか!安徳帝も!
まあそんなわけでつらつら見て回るなか、経正あにうえの笑顔をしばらく眺めたりしていたわけですが。

さてこれからどうしましょうか。通常ルートって十六夜でなんか違いあるのかな。とりあえず誰かの通常ルートをやってみるか、もしくは十六夜イベントを録画にはいるか……

あーもう!
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



壇ノ浦冒頭でせんせいとお話ししてるんですが、

過去形ばっかり使われるのでもう泣けてきた

くそう……せんせいまた神子を置いていくつもりなんだな!そうはいくか!この神子から逃げられると思うなー!!
なんだかせんせいを追い続けた1.5時間を思い出してきました。あれは夢のような時間だった(笑)

あと、これと思う選択肢を録画した後ほかの選択肢を試してみてて、初めて会ったのは京ですよね?と言った時のせんせいの寂しそうな顔と言ったら……!
そんでもって「……特別なのだ」とか言われてしまってもう……!
なんかだめだ、何も気づかない神子がにくにくしい。むしろせんせいルートはせんせいに感情移入してしまう。


アーカイブ
検索
OTHERS
  • 処理時間 0.296358秒
管理者用
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS: