MANA's ROOM~トップへ戻る
Total    Today    Yesterday   拍手メールサイトマップ
更新記録リンク掲示板日記
ときメモGS別館 アンジェ・遙時別館 ジブリ別館 ごちゃまぜ別館



ぬおおおお
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



十六夜はいってから清盛が爆発的に好きになってきたんですが(それ以前も好きでしたが)、このイベントはなんなんだ。泣けた。神子、よく言った!というかんじでした。「最後の息子よ」は泣けた。「父上」と同じくらい泣けた。
なんかあれを思い出しますね、「誰にも手をつけられなくなった時、声が聞こえたんだ……自分の息子の声が」@封神演技を。
まあ難を言えば、清盛にはあくまで神子と戦って封印されて欲しかったが。負けるのを承知でさ。周りの奴らへの配慮とかでさ。

あとプチ萌えだったのが知盛の「有川」でした。うおお~同級生みたいじゃん!(笑)こんな血に飢えた同級生はいやですが。でも知盛が現代に来たら意外と高校に溶け込みそうな気はします。

さてエンディング行ってきます。

昔話
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



そして待望のチビ神子。かわいい!かわいいんだけど……このイベントちょっと涙出た。

譲、悲惨すぎる!

こんなに買ってやる気まんまんなのに、「指輪なんて食えねえだろ」とか言ってる兄に先を越されるなんてどういうヘタレですか!なんでそこで先に「買ってあげる」と言えないんだ!バカ!
まあ言えても「え、いいよ、譲くんのおこづかいだし、自分で買うよ」と言われて「え、……そう?」と答えてしまい、そのあと「何言ってんだよ、おまえ財布持ってきてねえんだろ。ったく仕方ねえな」と取られてしまうことは想像に難くないのですが。きっとそうだ。

将臣ルート、譲の哀しさが際だってます。本編よりもあからさまだ……!!

将臣ルート
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



進行中。
どうでもいいが、勝浦の滝イベントの声(本編ではなかったはず)にくらくらきております。将臣もいい。
よく考えたら、幼馴染み時はともかく神子ラブになってからの将臣は「将臣+神子←譲」の構図に気づいてなかったようには思えないのですが、とすると将臣は確信犯だったつーことになりますか。
神子は気づいてなかったんだろうけど、将臣は意識無意識にかかわらず弟を牽制してたんでしょうね~。当然のごとく「こいつは俺のだ」みたいな。そんでそれを第六感で察知する譲。暗黙の元で散る火花。
兄としては、年下とか性格とかで攻勢に出られない弟を歯痒くも思うけど、それでも神子はゆずれないし、いざ攻勢に出たときに譲に神子を取られるかもと思うと、フェアでないとは思いつつ神子の天然小悪魔な言動を放ってる、みたいなかんじでしょうか。

そんなところもいい。というかお話としてとてもいい(笑)
譲、どこまでも不幸な子だ……!

ヒノエルート
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



さくさくと。蜜月って埋めるの簡単だねえ……というか白龍と朔のヒント、おもっきしあからさまで笑えた。オプションディスクが複雑だったら敬遠されるという判断なのかしら。

ということでヒノエルート。
ヒノエは熊野があるんで、あっつん並に「どうやって決着をつけるんだろう」と思いつつ見ております。熊野を捨てたらヒノエじゃないしさー。いやでも捨てるんだろうけど。捨て方による。安易に捨てられたらシナリオを疑います。
しかし「よかった、この状況で怖くないっていわれたらさすがに自信を失うところだった」(うろ覚え)は可愛かったです。ヒノエの可愛さが増している。声(台詞廻し)はなんだか本編と違う気がするのですが……あと弁慶も違う気がするなー。せんせいと景時と九郎がいちばん変わりない気がします。

それはそうと最後の告白。
もうなんだかヒノエがやる気に溢れていて(?)どきどきですよ。ヤバイ。ヤバイこの17歳。これが34歳だったら本当に死にそうなほどヤバイ。
だいたい「途中で疲れて眠るなよ、忘れられない夜にするからさ」ってどういうことですか!(笑)そんでそれに「うん!」って答える神子もどうですか!もう!小悪魔!!きっとヒノエは心の中でため息をついたのではないでしょうか。

でも次の朝、「帰りなよ」といわれちょっとガーンと来ました。ヒノエ、そういえば本編で断った時も表面は飄々としてたなあ……というのが頭に浮かび、いやいやこれは続きがあるよ!あるって!と呟きつつ先へ進む(怪しい)。
で「待ってな」にギャー!となり、でも帰って来ちゃったので「どうやって来るんだよヒノエ、おまえそんなに白龍に気に入られてた自信あるのかよ、白龍は海の上にいるんじゃないんだぞ」みたいな。しかも春って何よ!?ヒノエ、神子を何ヶ月待たせてるんだ!酷い!!

憤慨しつつ、最後の出逢ったスチルに再びギャー!となりました。
そんでもってその後のEDに吃驚。

こいつ、パクってた……!

やられた。しかも熊野も捨てない。なにこの反則技。なにこの自信家。格好良すぎる。
なんかCLAMPさんのマンガのラストを読んだ時のような「うわ反則!ご都合主義!でも大好きです!」という晴れ晴れしさを感じました。
ヤバイ、私本編EDよりこっちが好きかもしれない……!

このゲームで神子より格好良い男はヒノエくらいかもしれない、と実感したエンディングでした。景時もそうだけど。
このヒノエ好きだ……!

弁慶ルート
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



終了~。選択肢に悩まされまくりました。最後の最後までぐるぐる回ってどれが正解なんだか分からなかった末、ようやくバッドエンド群から抜け出たと思ったら行った先もバッドエンド風味。だって矢がいっぱい刺さってるし……
いやもう、もし万が一ここで終わるんだったらコーエー焼きうちに行こうかとちょっと思いました(笑)ずーっと「神子こい!早くこい!!」と呟いていました。
あのケガはどうやって治したのかね。現代に行って病院にかかったのか?
ああそれよりも九郎の軍勢全部でかかっても圧倒的不利なほどの軍をたった一人で討ち破った神子に惚れ直しましたが。

しかしあれですね、オプションディスクなだけにシナリオがよく分からん。弁慶が隠したかった事って何?源氏が同類合討つことか?それだけ?ほんとに?
弁慶こそ神子を清らかに見すぎていると思うのですが(笑)
神子を清らかに見ている度、まあ一番強いのは白龍ですが、八葉では

弁慶・敦盛>九郎・景時>将臣>譲>ヒノエ

みたいな気がします。欄外せんせい。せんせいはもう神子だったらなんでも受け入れるので、清らかかそうでないかのような尺度では測らない多分。

そんなことを思いつつ続けます。もう寝た方がいいか?

ぎゃあああああああ(パート3)
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



二周目に入ったらせんせいがせんせいがーーー!!
アクラムの隠れ家のなれの果てらしいお花畑を見回りに行ってここに連れてくるのはおまえが最初で最後とかのたまいやがりましてふたりっきりの秘密の花園(ヤバイその台詞)、あと頭なでの後に「望んではならない」とか「この想いは過ちだ」とか自戒なされたりしてしまってどんどこしょですよ!!(錯乱)この苦悩の表情はどうしたらいいものか!もう!せんせい!!死ねとおっさるの!?(さらに錯乱)

ああもうなんだこの十六夜、せんせいに叫ぶしかないような気がします。いかんどうなんだこれは、誰が考えやがったんだ。やられてる、こんなあからさまな術策にはまってるよ私……!

というかんじでもうどうしたらいいのか分かりませんが目は覚めました。
もう三時ですがまだまだ行きますせんせい(でも弁慶狙い)。

むむむむむ
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



なんだか納得いかない……(見てきました)
どちらかというと封印エンドの方が納得できた……
なんだかこう、半ばこじつけであってもあっつんEDの不可解さを正道に戻すための伏線は打てたと思うのですが、あえてそれをしなかった理由はなんですか。ボリュームが長大になるからか。それともベタだからかしら。

というわけで、かわいいは可愛いんだけど納得はいきませんでしたことよ。そういえば本編のあっつんEDも納得は行かなかったなー。
ちなみにスチルは「セイラン……!?」と叫びました。あと神子がカコイイ。というか相変わらず尻に敷いている。あっつん受け。受けまくり。

とりあえず次は将臣でもいくかな……

あっつんED
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



とりあえず、うざうざしてたら敦盛の月が満ちたのでそのままいってみる。なるほど、決戦前夜に指名制なわけね。八葉抄EDなわけね。
で、ED。
今まで、あっつんは謝り上戸だなあと思っていたのですが(毎回「すまない」が来る)、告白のときにまですまないすまない言い通し。更に「あなたに詫びねばならない」とか言われた時は「この上にですか!」と叫んだ。
果ては神子に早とちりされ、「いや、まだ続きがあるんだ。長い話ですまない」

そんな告白は普通乙女ゲーにはありませんよあっつん!

その後もまあウダウダと。そこがいいんですがいい加減はっきり言え!
と思ったらアンタ、どんでん返しですたよ!

「平家最後の怨霊を封印してくれ」……?

そうきたかー!!?そのネタ、本編で来るか来るかと思ったら来なかったので忘れてたよ!
うわっちょっと惰性で見てたら急に盛り上がってきた!どうなるんだ!というかそれ以前に清盛の最後の呪詛はどうなったん!?スルーじゃないよね!?

なんだかまだ一幕ありそうなんで、見てきます。

ぎゃああああああ(パート2)
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



せせせせせせんせいのままマントの中にーーーーーー!??

もうどうしたらいいんでしょうこの追加イベントたち。どうしろというのだ。同人誌的。オプションディスクだからって……!!
しかもまたネガティブなことをいうせんせい。シナリオ的には仕方ないけど、でもおもっきり否定したい!!!あっつんも同じだけど!あのこの「私など」はもうぎゅーっとくるね!むしろ『否定してくれ』って誘ってるようなものだね!

適当にイベントこなしてたせいで誰のED条件も揃わない気がしてきた、やりなおしか……
そういえば誰の条件も揃わなかったらどうなるんだっけ??

ぎゃああああ
 
※こちらは「遙かなる時空の中で3十六夜記」プレイ記です。ネタバレ注意。



せんせいが……!せせせせせんせいが私の(もとい)神子の頭をぅおおおおお!!(吐血)
しかもアンタ、嬉しいですって言ったらずっと撫で続けるせんせい(恥ずかしい)(死ぬ)(そしてまた泰明さんを彷彿とさせた)

とかいってギャーギャー騒いでいたら、せんせいが「……っ」とかモエ反応をして一転シリアス色になってしまいました。くそっ!このひとまだこんなこと言ってんのか!あなたを2ターンで負かして(神子強すぎ)一緒に清盛を打ち負かして(これも楽勝)ベタラブEDを迎えた私に対して!!くそーなんだか釈然としない……
しかし今回のせんせいの服で背中むけは反則です。せんせい、反則物が多すぎる。


アーカイブ
検索
OTHERS
  • 処理時間 0.328975秒
管理者用
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS: