MANA's ROOM~トップへ戻る
Total    Today    Yesterday   拍手メールサイトマップ
更新記録リンク掲示板日記
ときメモGS別館 アンジェ・遙時別館 ジブリ別館 ごちゃまぜ別館



大事件~v
 
本日、大事件勃発しました(というか自分に対する地雷を踏みつけたババア有)。

えーと今朝、夢を見たのです。現在作成中のサイトについて打ち合わせ中、お局が不毛な話をしだし、私はキレて「もうそんな話はしても何にもならないから、打ち合わせはここでやめましょう」というと「誰の許しを得てそんなこと言ってるの!」。私はその場で営業上司に電話をかけ、「無駄なのでやめていいですか」と了承を得ると、「上に言いつけるなんて卑怯だ」「私が任されてるのに」等々文句を付けはじめました。それを一つ一つ論破すると……なんと泣き出した!(夢ですよ)
「仕事で泣くのって社会人として最低だと思いますが、あなたの常識は違うんですか?」と聞いても、あんたが悪いの一点張り(夢ですよ)。
やっとれんので営業上司に「幼稚園児のお守りはできません、辞めます」と言う夢でした。


で朝。その話を制作さんに話して「うわっありそう~」「でしょー」などとと言ってると、呼び出し。打ち合わせ。
開口一番、「今のサイトだけど、予定のスケジュールはこうなってます。で、私はいちいちスケジュールを見ていられないから、今後は(私)に全部まかせます。例えば何かのキャンペーンとかをやる時期が来ても、私は忘れてると思うからそっちから言って管理して」


………………
………………………………(夢ではないですよ)

つまりあれね?ここまで「あれをやれ」「これをやれ」「やっぱりこう」「ここはこっちでこうしたから、もう一回修正しなおして」などなど散々ひっかき回した末、

「今からアナタがこのぐちゃぐちゃを管理しろ。私はやらない」

てことですね???

とりあえず穏便な口調で「……それをやるのがディレクションではないんですか?」と言ったところ、自分に都合のいい関係ない話で茶を濁されたので、制作さんと(もういいよ……結局うちらがやるしかないよ)というアイコンタクトを交わしたところ、「文句があるなら言え」と言われました(夢ではないですよ)。

「じゃあ言いますけど、私が管理するというのはいつから決まっていたことなんですか?それとも今、状況に変化があったから決まったことなんですか?」「うーん、決まってはなかったけど、上の方では最初からそういうつもりだったのよ」「じゃあ、なぜ最初からその予定を打ち合わせておかなかったんですか?今までいちオペレーターでやってて、手を触れてない部分がたくさんある状態で今から管理しろといわれても、全体を把握するのに時間がかかりますよね。その時間は無駄ですよね」などなど言うと……

「あなたは口が達者だから、正しいことを言ってるように聞こえるけどね」
(マジこの台詞通り。夢ではない!!)

それは仮にもマネジメント職にある人間が部下に言う言葉か!?「今、そんな文句を言われても終わったことでしょ?」てアンタが言えっつーたんやあ!!!
今までに何千回も思いましたが、ここまで自分本位に厚顔に物事が考えられる人もスゴイと思います。普通どんな自信のあることでも、少しは疑念が横切るよね……でも虚勢で言ってるんでなくて、本当に自分だけが正しいと思ってるみたいなんですよ。理解できない……。

でーブヂギレたので、打ち合わせ後に営業上司を捕まえて断言。「辞めます。これ以上、社会的幼児の世話はできません」(夢ではないですよ 笑)
今日の出来事を冷静に全て伝え、今まであったことを全て伝え、自分なりに「ディレクションする人」「管理者」はどういうことをしなければならないと思っているかの解釈を話し、それに対してお局がどれほど真逆のことしかしていないかを説明したところ(勿論、私から見た印象、ということは明言しましたが)、100%の同意を得ました。半分は営業上司の迎合だろうけど。

で「私はこの会社が傾いてほしいわけではないです。会社に愛着を持つほど長くいるわけではないですが、少なくとも複数の社員には信用も信頼もありますし、困って欲しくないと思っています。でも、私は逃げればすみますけど、このまま社内がぐちゃぐちゃのまま皆が不満を抱いて進んでいくことが、会社にとっていいこととは思えません。だれか個人の問題ではすまなくなると思うのですが」と伝えると、「それは本当にそう思う。本人に話す」とまた言われたので、「でも、あの人は意識せず天然で“自分が正しいんだから、他人の意見は聞く必要がない”と考えてると思うんです。それはあなた(営業上司)も例外ではないので、表面ではハイハイと言っても、無意識下では直す黄はないと思います」というと、「直らないのであれば、向こうに辞めてもらうしかない。一人のために会社を傾けるわけにはいかない」とのことでした。「だから、今週だけ我慢して欲しい。辞める云々の話は、頼むから来週へ持ち越して欲しい」と。
どっちにしろ、8月までは辞める気はなかったし引き継ぎもちゃんとするつもりだったので、今週といわずそれまではいますと伝えましたが、口だけで動こうとしない営業上司もついに動く気のようです。まあそれで事態が好転するとは思えないですが。


で、営業上司との打合せを終え部屋に帰ると、お局からまた呼び出し。頭が冷えたのか、グダグダと的のはずれた言い訳を語るお局は涙ぐんでいました(夢ではないですよ……)。
このときの話には、私ではなく製作さんがキレて「あなたのそういうところが悪いと思います」等々、口論をしていましたが、私は別の人から急ぎの依頼をされたため逃げることができました。
この件に関して、お局は「仕事が多いから」とか「遅くまで仕事をしなければならないから」という物理的な理由で不満を感じているとしか思っていないようです。
アンタの行動が不満なんだよ!!!ということは、絶対理解できないようです……。人の行動は大きなお世話なところまで文句をつけるくせに何故……。

もうだめだー。個人の好き嫌いの範囲を超えている。今まで短期の派遣しかできなかったってこのせいですか?(だろうなー)
今後どうなるか分かりませんが、私はもう今日の出来事で全てに見切りがつきました。
今日一番びっくりしたことは、

私って予知夢みたよね!!!!ということでした(笑)


アーカイブ
検索
OTHERS
  • 処理時間 0.263266秒
管理者用
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS: